売掛金担保のビジネスローンのメリットについて

  • 投稿日:
  • by

一般的なビジネスローンは無担保で借りられるというのが最大のメリットです。不動産や手形などを担保にしなくても、それなりの金額をビジネスローンで借りることが出来ます。2001年に法律が制定をされて、売掛債権担保保証制度というものが誕生しています。

これは売掛金を担保として、ビジネスローンなどを組めることが出きるというものです。数は少ないのですが、売掛金を担保として組むことのできるローン商品は増えているようです。無担保ローンに、少々抵抗がある方はトライしてみても良いのではないでしょうか。

たとえばウェブクレジットという会社が出している、売掛金を担保としたローンは金利が15パーセント前後。なんと3億円までの融資が可能とうたっています。これだけの額を借りられることが出来るのは、企業の経営者としても心強い数字ですよね。

またミタカという会社からも、同じようなローンを組むことが出来ます。金利は同じく15パーセント程度だそうです。100万円程度から1000万円前後までを借りることが出来ます。

無担保で借りられると良いけれども、こちらのページで説明されている有担保のビジネスローンだと、それなりの額を借りることが出来るというのがメリット。売掛金を担保にすることに加えて、最近では不動産を担保にお金を借りる方も増えてきているようです。不動産を担保にした場合、無担保のときと比較をしても高い額の融資を引き出せる可能性が生まれてきます。

ある程度の不動産資産を持っている方は、有利です。

今も昔も大好きな天下一品のこってりラーメン

  • 投稿日:
  • by

学生の頃はラーメンと言えば背脂たっぷりのこってりラーメンが好きだったのですが、年齢を重ねるとともにこってりがだんだん辛くなり、今やすっきりした昔ながらの中華そばが一番好きになりました。そんな私ですが、今も私も変わらず大好きなこってりラーメンがあります。それは、天下一品のこってりラーメンです。

初めて食べたのは10代の学生だった頃。友達に連れられて入った店で出てきた、本当にラーメンのスープかよと思ってしまうほどどろっとしたスープを見て軽く衝撃を覚えたのを覚えています。

そして、衝撃を覚えたのは見た目だけではなく味もでした。今まで食べたことのない、何とも言えない複雑な深い味わい。麺にこれでもか、と絡んでくるスープにすっかり惚れ込んでしまいました。それ以来、学生時代は多い時には週1ペースで通い詰め、社会人になってからも月に1度くらいは無性に食べたくなるというハマりっぷりです。

いろんな野菜を煮込んでいるといわれる天下一品のこってりスープですが、麺との相性が抜群なのはもちろんのこと、ご飯ともこれ以上ないほどのコンビネーションを見せてくれます。私はどちらかというと、最初の麺よりも後で入れるご飯を目当てにしているかもしれません。

天下一品のは店舗によってオリジナルメニューがあったりしますが、私がよく行っていた店にはスープ雑炊というメニューがありました。はじめから麺なしでご飯とスープを楽しみたい、という客向けなのでしょうが、それだけご飯とスープとの相性に自信を持っているということなんでしょうね。

ひよこクラブで最新の育児情報をゲット

  • 投稿日:
  • by

私が欠かさず読んでいる雑誌、それはひよこクラブです。ひよこクラブとは1歳児以下の子供を持つ母親向けに発行されている育児情報誌です。

私にも10か月の娘がいるのですが、その頃ってあんまり出かけることもないし、保育園にもまだ入らないので、外の情報がほとんど入ってこないんですよね。周りのみんながどういう子育てをしているのか、とかどれぐらいに寝ているのか、とか。

そういった情報ってネットでも得ることが出来るんですが、わざわざ探しに行かないと欲しい情報にたどり着きません。けど雑誌だと毎月そういう特集を組んでいるので、自分が欲する欲さないにかかわらず最新の育児情報が入ってくるんです。0歳児育児って暇そうに見えて結構忙しいので、雑誌で必要な情報をさっとチェックするのがちょうどいいです。

この月齢だとまだ、夜は遅くまで起きている子が多いな、とか、離乳食はもうちょっと進めたほうがいいな、とか詳しく分かるので重宝しています。ネットの情報だと嘘があったり、間違えがあったりしますが、ひよこクラブの場合はベネッセが監修していますので、間違いなどはほとんどないと思っていいと思います。最新の育児事情を親世代に説明するのにも役立ちます。

親世代ってネットは信じなくてもテレビや雑誌は信じるんですよね。そんな感じで、私は育児のイロハをすべてひよこクラブから得ているといっても過言ではないほどです。育児に行き詰った時、体験談を見たりすると仲間がいる!と思って力も湧いてきますしね。

公式:ベネッセ 雑誌広告情報サイト - 雑誌 ひよこクラブ